妊娠に備え、女性の体では定期的に子宮内膜がベッドのように分厚くなります。しかし一定期間を過ぎても妊娠がなければ、分厚くなった子宮内膜は不要となるため、体外に排出されます。これが生理が発生するメカニズムです。そして生理痛とは、この際に発生する痛みのことです。生理痛は、生理があるすべての女性にあるわけではありません。また痛みの程度にも個人差があり、生理痛の原因も様々です。一般的に言われているのは、過剰に子宮が収縮することで、これには子宮内膜の排出をスムーズにするためにの物質が過剰に分泌されることで起こります。また女性ホルモンのバランスの崩れも、原因のひとつだと言われています。女性ホルモンの内、プロゲステロンには子宮内膜の内にプロスタグランディンと言うホルモンを分泌させる作用があり、そのために生理痛が出てくると言うわけです。ですから生理痛緩和においては、ピルを利用することで女性ホルモンのバランスを整えることが効果的です。またプロゲステロンは、女性の体にとって、特に妊娠にとって必要不可欠な働きをするからこそ分泌されているわけですが、それが過剰に分泌されてしまうと、同時に男性ホルモンの過剰分泌も引き起こすことが明らかになっています。そのことで、多毛症のような症状が体に出てくる場合もあります。多毛症とは、毛が太く、硬くなって目立っている状態のことです。ただ、はっきりと多毛症と診断されなくても、毛深いことを悩んでいる女性の方は、もしかしたらホルモンバランスの崩れが原因かもしれません。いずれにしろピルで女性ホルモンのバランスを整えることで、多毛症が改善されることも珍しくはありません。ただし生理痛があるから、あるいは多毛症かもしれないからと言って、勝手にピルを飲むことは厳禁です。先述したように、その原因は様々ですから、まずはきちんと、医療機関で診察を受けることが一番です。