諸外国では最もポピュラーな医薬品であるピル、女性が自分自身の身体をコントロールするために使用している方も多く、男性とのお付き合いをする年頃になれば、ピルの服用を勧める親御さんも多いといわれています。しかし我が国は、先進国といえども、まだまだピル後進国と揶揄されているように、ピルを服用している女性は性に奔放だ、などと女性軽視を行う輩もおり、非常に嘆かわしいことです。ピルは女性に取ってはとても素晴らしい効能が期待できる医薬品で、積極的に服用するべきものですが、まだまだこういった正しい認識を持つ人は少ないようです。しかし名古屋の女性は、美容に関心が高い方も多く、女性の生活の質を向上させたり美容効果が高いピルに興味を示す方も多く、女性軽視など気にも留めず、積極的に取りいれている方も多いようです。低用量ピルは、昔のような副作用のリスクもほとんどなく、女性に取っては切り離せない生理をコントロールしやすくしてくれます。生理痛の緩和、生理不順の改善など素晴らしい効能が多く、生理期間を普段通り快適に過ごせるようになるので、名古屋の婦人科では重い生理痛を患っている女性には積極的に服用を勧めているようです。ピルを服用するようになると、生理時の出血量がかなり減るので、重い生理痛の方に多い子宮内膜症の治療にも取りいれられています。常に最先端の情報に触れる志の高い女性が多い名古屋では、適当な避妊で自分の性欲を満たそうとするような女性軽視の男性は全く相手にされず、望まない妊娠によって女性の心と身体を深く傷つけることのないように、彼女が服用することを希望する男性も増えており、喜ばしい傾向です。しかしピルのみでは性感染症の予防はできないので、いずれにしても、きちんと男性にもコンドームを装着してもらうことは必要です。