生理痛の軽減にはピルがおすすめとされています。ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンが含まれています。これらのホルモンの働きにより、脳下垂体が妊娠したと感知し、排卵が抑制され、子宮内膜の増殖を抑えることができます。排卵を促すために必要な黄体化ホルモンの分泌が抑制されるため、卵巣は排卵する必要がなくなり休眠状態になります。服用を止めれば排卵が再開し、妊娠が可能となります。
生理痛の軽減目的の場合には、低用量タイプがおすすめです。低用量タイプをおすすめする理由としては、ピルの中でもホルモンの含有量が少ないため、副作用の心配が少ないからです。
生理中に増える子宮内膜の中には、子宮の収縮を促す物質であるプロスタグランジンが含まれています。このプロスタグランジンの分泌が過剰になることで、子宮の収縮が強くなり痛みを引き起こす仕組みです。低用量ピルを毎日1回服用することにより、排卵を抑制し、子宮内膜の増殖が抑えられることで、プロスタグランジンの量が減ります。その結果、出血量と出血前後の痛みが軽くなる仕組みです。ピルを服用し始めることで、今まで鎮痛剤を服用しなければ過ごせなかった人も鎮痛剤が必要なくなる人がほとんどのため、仕事や日常生活が楽に過ごせるようになります。
低用量ピルは正しく使用することで生理痛以外にも避妊や生理前の不快な症状を和らげる効果、卵巣がんや子宮体がんの発生リスクを減らす、吹き出物やニキビなどの改善などの効果も期待できます。ただし、子宮内膜症が原因で生理痛がある場合、進行しているとピルだけでは痛みがコントロールできないため、内膜症そのものを縮小させるためのホルモン剤が必要になることがあります。