避妊薬として認知されているピルは、女性が自分の意思で妊娠をコントロールできるという最大のメリットは当然のこととして、女性が毎月苦しめられている生理痛を緩和させてくれる効果も高く、非常に優れた医薬品だといわれています。今わが国で流通している避妊薬は、主に低用量ピルで、ほとんど副作用を感じることなく安心して服用できるという点でも最適です。女性は初潮を迎えてから、毎月生理を経験しますが、中には非常に重い生理痛に苦しめられ、生理期間が憂鬱で仕方がないという方も少なくありません。生理痛を少しでも緩和させようと鎮痛剤を常用し、いつしか効き目が弱くなり飲む量も増えているという方も多く、今度は鎮痛剤による副作用に苦しめられている方も少なくありません。避妊薬のピルは、毎月の生理をとても軽いものにしてくれ、子宮内から流れる経血量も拍子抜けするくらい減少するので、生理痛緩和には非常に効果が高いといわれています。今まで貧血を起こしてしまいそうになるほど大量の経血が出ていた人でも、生理ナプキンをそれほど頻繁に取り変えなくても良いくらいで済み、生理期間も短くうそのように楽に過ごせた、と感激されている女性も少なくありません。こういったメリットに加えて、生理周期が安定するので、毎月の生理予定日を管理しやすくなるという点でも喜ばれており、いつ生理になるかわからないという不安から解放されるので、仕事も私生活も予定が組みやすく、体調不良でうまくいかなかったということを回避させることが出来ます。生理は毎月必ず訪れるものなので、毎回苦痛に耐えるのではなく、少しでも快適に過ごせるように工夫をして、人生を楽しめるようにしましょう。